国産ヨウム ブリーダー、繁殖、販売

ヨウムの知能

スポンサーリンク

ヨウムの知能

ヨウムの知能は非常に高くアイリーン・ペッパーバーグ博士の飼育していた,ヨウムのアレックスは5歳児並みの知性と2歳児並みの感情を持っつていたという報告もあることはよく知られています。

 

確かに私も毎年複数のヨウムを繁殖し色々なヨウムの性格に触れてきましたが底知れない潜在能力を有しているなと感じています。

 

まず、言葉は1歳を過ぎたあたりからどんどん覚え新しい言葉の多くも1回聴いただけで覚えてしまうこともしばしばあります。

 

また、その言葉をどのタイミングで使うのかも習得してしまい、例えばうちの手乗りのヨウムたちも私たちが食事を始めると、「おいしい?」とか「リンゴちょうだい」などと語りかけてきます。

 

また、私が「いないいな?い」と言うと「ば?ぁ」と呼応したりします。他にも他のインコが金切り声を上げて発狂しだすとその子の名前を呼んで「?。静かにしなさい。うるさいよ。」とか言います。

 

これらは全くトレーニングをしなくても自然に身につけてゆきました。本当に初めはびっくりすると思います。

 

 

 

スポンサーリンク


 


 

 

 

 

 

また、色々な物の扱い方をすぐに覚えてしまいます。例えばヨウムに限らずオウムやインコはケージを自分で開けて脱走するようになりますが、ヨウムも気をつけないとすぐにケージの扉の開け方を覚えてしまいます。

 

 

外に出して欲しいのでケージに入れられてしまうとケージの扉の開け方やロックの仕方をじっと見ています。そしてすぐに覚えて開けてしまうようになります。

 

 

ですからケージの扉のロックだけではなく、ナスカンなどを使って簡単に開けられないようにする必要がありますが、嘴が届くところだとそれも開け方を覚えてしまって脱走してしまいます。

 

 

うちの手乗りヨウムはケージのロック以外にナスカンなどを2つ加えてなんとか脱走を防いでいます。

 

 

他にも放鳥の際、そろそろケージに入って欲しい時ですがいつもタイミングを決めてケージに入れるように習慣づけると一羽がケージに入ると他の子たちは自分で入ったりするようになります。

 

 

そんな知能の高いヨウムですが、オウムやインコのなかで一番知能が高いのかというと私はそうは思いません。知能が高いのは間違いありませんが、他のオウムやインコもかなり知能が高いです。例えばうちの手乗りのモモイロインコやゴシキセイガイも負けないくらい賢いと感じることがあります。

 

 

実際にトレーニングをして行くと違いが生じるのかも知れませんが、普通に一般家庭でペットとして飼育しているのであればそんなに違いは感じないかも知れません。

 

 

うちのヨウムはバカだなと感じることもあるでしょう。でもそれは先天的なものというより後天的な要素がかなり関係していると思います。

 

 

根気よくトレーニングしてゆくならびっくりするぐらいの知性を表すと思います。

 

 



 

 

 

1、ヨウムの性格や生態についてどれほど知っているか

 

 

 

2、ヨウムの雛を購入する資金はあるか

 

 

 

3、ヨウムの雛を世話する時間が毎日あるか

 

 

 

4、ヨウムを飼育し続けることが出来るか

 

 

5、同居している家族の同意は得られているか

 

 

 

6、ご自宅は飼育する部屋やスペースがあるか

 

 

 

7、ヨウムの鳴き声が騒音となって家族や近所に迷惑とならないか

 

 

 

8、ヨウムが噛んだり爪でしがみついて傷ついても多少は平気か

 

 

 

9、部屋に羽や脂粉が飛んでも平気か

 

 

 

10、毎日掃除してあげられるか

 

 

 

11、ヨウムが思い通りにならなくても辛抱強く接し続けられるか

 

 

 

 

 

 

 

 

雛について問い合わせる

 

携帯スマートフォンはこちら

 


 

 

 

 

SNS


ホーム RSS購読 サイトマップ
ヨウムの雛情報 ヨウムとの生活 ヨウムの動画